UP

どうすればいい!?繊細で愛らしい細工飴の世界を守っていくには

人々を魅了する細工飴

キャンディは世界中で入りいろな発展を遂げてきましたが、日本にも独自の発展を遂げたものがありますよね。飴の中にイラストが出現する見た目も楽しい金太郎飴はキャラクターとのコラボもよく行われていますし、花柄やフルーツの絵柄のあるものや、手まりのような繊細なものまでカラフルでかわいらしいデザインのものが多いので、細工飴の世界は一つの芸術として完成されていると言っても過言ではありません。海外の観光客からも人気です。

守るべき技術であるけれど

細工飴を作っているのはほとんどが小さな工場です。何世代にもわたって繊細な飴を作る技術を継承して作り続けていますが、後継者不足などから工場で飴を作っている人が高齢化してしまい、自身の引退共に工場を占めてしまうという例が増えているのです。高度なスキルを持っているところが閉鎖してしまったら、その細工飴を再現することが困難になってしまいます。一つの継承するべき食文化として守っていくことができていってほしいものですよね。

細工飴の新しい生きる道

細工飴もこれから受け継がれていくために新しい生き方を模索しています。その見た目の芸術性の高さに目を付けたお店が、飴を丸ごと透明な樹脂を使って閉じ込めることで飴が溶けないようにして、ずっとそのままの見た目を維持できるようにしたのです。その樹脂でコーティングされた飴を使ってストラップやピアスなどのアクセサリーとして加工することで食品とは違った方向で生まれ変わったのです。食べる楽しさだけではなく、見る楽しさを重視したやり方ですね。

通販でずんだ餅を購入する場合、枝豆の風味を楽しむために産地や製造元を確認することが大切です。また、信頼できる業者を選ぶことも美味しく食べるための条件になります。

未分類